エコへの取り組み

「チャレンジ25キャンペーン」に参加!

「チャレンジ25キャンペーン」に参加

私たち株式会社ジェイ・アイ・エムは、「チャレンジ25キャンペーン」に参加します。
情報化社会の進展に貢献することを通じて、地球温暖化防止に努めます。

~チャレンジ25キャンペーンとは~

未来が変わる。日本が変える。チャレンジ25

地球温暖化という人類の生存に関わる脅威に対して、世界が立ち向かおうとしています。
2005年2月16日には「京都議定書」が発効し、日本は2008年から2012年の間にCO2などの温室効果ガス排出量を1990年にくらべて6%削減することが義務づけられ、様々な対策が進められてきました。
このような中、2009年9月に鳩山総理がニューヨークの国連気候変動サミットにおいて、日本の目標として2020年までに1990年比温室効果ガス25%削減を表明されました。これを受け政府は、地球と日本の環境を守り未来の子どもたちに引き継いでいくための行動を「チャレンジ25」と名付け、あらゆる政策を総動員して推進することになり、地球温暖化防止国民運動「チーム・マイナス6%」も25%削減目標を掲げる国民運動として、2010年1月14日より「チャレンジ25キャンペーン」に生まれ変わりました。(チャレンジ25キャンペーンホームページより)

これまでジェイ・アイ・エムは、地球温暖化防止のための国民運動「チーム・マイナス5%」に参加していましたが、よりCO2削減に向けた運動となるこの「チャレンジ25キャンペーン」に参加することを決定しました。より多くのCO2削減に向けたご提案ができるよう、まい進してまいります。

<ハード面で努めていること>
<ソフト面で努めていること>

電子化とCO2削減の関係

電子化=オフィスのエコ対策!
その理由は、ぜひ、「書類のリサイクルサービス」をご覧ください。
ジェイ・アイ・エムは、ペーパーレスをめざす各種サービスと「書類のリサイクルサービスで、CO2削減をめざします。

エコキャップ運動への取り組み

エコキャップ運動とは、ペットボトルのキャップの売却益で世界の子どもたちにワクチンを届ける運動です。ペットボトルと分別したキャップを回収し、再資源化事業者へ売却。NPO法人世界の子どもにワクチンを日本委員会(JCV)にその収益を寄付し、発展途上国へ届けられます。
ポリオ(小児マヒ)ワクチンの単価は20円(/1人分)。キャップ800個でひとりの子どもの命が救えます。ゴミとして焼却処分されれば、キャップ400個で3,150gのCO2が発生しますが、分別すれば資源になるのです。

ジェイ・アイ・エムでは、一部のセンターで始まったこのエコキャップ運動が、今では他のセンターにも広がり、エコキャップの回収を進めています。

ご質問・ご相談・お見積りなどお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ お気軽にお問い合わせ下さい。